チラシで集客効果を狙おう

>

インプラント治療には長期間かかる

噛み合わせが悪いと身体に悪影響が及ぶ

インプラント治療を専門としている歯科医であったとしても、インプラント治療だけを行っているわけではありません。
全ての治療を行う上で、噛み合わせに考慮しながら、診療することが重要だと考えているのです。
インプラント治療とは、失われてしまった歯を治癒させることが出来る素晴らしい治療方法なのですが、そもそもはインプラントを使用することが目的ではなく、インプラントを利用してお口の中の崩壊を防ぐことで、長期間安定させる事が目的です。
歯が無いまま放置していると、歯が無くなるという負の連鎖が始まってしまうことになります。
噛み合わせが悪いまま、インプラント治療をすると、頭痛・腰痛・肩こり・めまい・耳鳴り・顎関節症など。身体に悪影響を及ぼす要因となるのです。
治療前診断で、問題箇所をはっきりさせることでリスクを明瞭化していくことで、どこの目的を設定するのかが、この過程が予防に繋がっていくのですね。

噛み合わせを直さなければリスクは一生続く

噛み合わせが悪い人の症状としては、次のようなことがあげられるのです。
歯周病がある・歯ぎしりをする・顎がガクガクする・口の中をよく噛む・咀嚼に左右差がある・つい食いしばってしまう・詰め物や被せ物が取れやすい・歯が削れてきているなどの症状が見られるのです。
歯がなくなってしまった方の95パーセントは噛み合わせが悪いとされているのです。
その噛み合わせの悪さは、歯科医師の勘違いと経験不足の治療とされてしまっているのです。
いくらメンテナンスや歯磨きを行なっていたとしても、噛み合わせが悪ければ虫歯になる確率は高くそれによって神経を抜くことになり、歯がダメになり最終的には抜けてしまうのです。
噛み合わせの治療として、インビザラインやマウスピース矯正などを行なっているのです。
根本的に改良しない限り、噛み合わせが悪い際にはが抜けてしまうという危険性は一生持ち続けなければいけないでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑